低予算から投資ができるみんなで大家さんの魅力

家賃債務を保証する仕組み

男女

家賃を支払えることの証明

賃貸物件を借りる際には連帯保証人は不要という広告が良くありますが、あれは家賃債務保証サービスを利用しているのです。家賃債務保証サービスの仕組みは単純で、連帯保証人が行う家賃債務の立替払いを行います。さらに家賃債務者に対して家賃の取立てを行うという取り立て代行もサービスに含まれているのです。家賃債務保証会社と契約することによって、大家さんは安心して保証人のいない人にも賃貸物件を貸すことが出来ます。借りる側にとっても大きなメリットがあるサービスであり、保証人を確保できない立場の人でも賃貸住宅に住むことができるのです。しかし、家賃債務保証を受けるためには審査を受け、それに合格しなければなりません。審査内容は主に定職に就いていて収入が安定していること、そして過去に金銭上のトラブルを起こしていないという二点です。この二つをしっかりクリアしていれば審査はあっさりと取ることでしょう。アルバイトなどでは厳しくなっていますが、預金残高などでも審査をクリアすることは出来るので家賃債務保証会社とよく話し合うといいです。賃貸住宅に住むことができるのは親族などの保証人がいる人だけでしたが、近年はそうした親類のいない人が増えてきました。そんな人たちが住宅に住めないことは大きな社会問題となるので、家賃債務保証サービスは大きく普及しています。保証人がいない人はこういったサービスを積極的に利用し、確実に賃貸住宅を借りることが出来るようにしましょう。またオーナーがこのサービスを利用したら、家賃滞納による収入の減少を家賃保証によって防ぐことができます。また住人への家賃の催促も保証会社が行ってくれるため、直接住人とやり取りする必要がありません。